鮭を訪ねて、時は明治に遡る

  • 2016.10.07 Friday
  • 04:47

まさか、今、目の前にある紅鮭が、歴史をひもとけば明治時代に端を発していると、思いもしなかった。

きっかけは、先日お話した本紅の販売終了である。

 

本紅に替わる旨い紅鮭を探し、本紅を漁獲していた海域はどこなのかと考えた。

紅鮭は北方、ロシア・カナダ・アラスカの、行き着く先に湖がある川を遡る。

つまり日本の海域にいる鮭ではなく、日本人が船団を組んで北洋で漁獲したのが、日本人が獲った紅鮭、つまり本紅。

 

最初に獲ったのはいつで、誰なのか?

築地場内の図書館「銀鱗会」を訪ねて鮭の古本を探していると、鍵のかかった本棚に、分厚い日魯漁業株式会社の社史を発見。

日露が現マルハニチロの前身だということは市場で伝え聞いていたことだが、創業は明治39年、翌年に新潟より北洋に出漁したと知る。

それからわずか10年にも満たない大正2年に、同社が「DAY BREAK BRAND」の鮭缶を製造・・・。

 

あ…あの缶詰!

新潟村上の鮭ミュージアム「イヨボヤ会館」に展示されていた旧き良きデザインの美しい缶詰。

外貨獲得目的で遠くヨーロッパに輸出するため、英語が配されたノスタルジックなラベルを思い出す。

 

そういえば、当時から半世紀も経た私の子供の頃ですら、あけぼの印の紅鮭の缶詰はご馳走だった。

缶切りでギコギコと缶を開けて、中に1つか2つ入っていた鮭の中骨の、箸ですくうとホロホロと崩れる感触を思い出す。

あけぼの印は、日の出を思わせる紅白のマークが、明治生まれの祖父母の蔵に眠っていた戦争の遺品を思い起こさせ、

子供心に自分が生まれる前に起きた“いろいろなたいへん”なことを想起させられた。

 

さて、明治末期、北洋に向かった帆船は、どこでどんな風に鮭を獲ったのか・・・・。

 

 

 

 

 

 

ラスト“本ちゃん”紅鮭

  • 2016.10.04 Tuesday
  • 04:49

美しい紅鮭がお店にずらりと並ぶ中、ひっそりと販売を終了した鮭があります。

それは「本ちゃん紅鮭」。

日本の北洋鮭鱒船団がカムチャツカ沖まで漁に出て漁獲する紅鮭のことで、

船上で塩蔵して北海道に帰還するまでの間にうんと旨味を増した塩魚です。

 

昨年、この本ちゃんをめぐり、日ソの話し合いが難航し、漁獲禁止に。

資源の枯渇を防ぐためなら致し方ないことですが、

本紅は、日露戦争の頃までさかのぼる鮭漁の歴史を物語る魚で、日本にとって重要な天然資源だったとのこと。

私達の食卓に登場しなくなるのは、実に残念です。

鮭をめぐる歴史の話は、今後、築地の魚問屋の古老に話を聞きホームページに記録しようと思います。

 

そして昨日、昭和食品では最後の本紅の販売を終了しました。

記録と記念にラストの切り身を載せます。

 

 

 

好きなおにぎりの具、なに?

  • 2016.10.02 Sunday
  • 10:55

好きなおにぎりの具…?

 

やっぱり、で!

しっかり、天然モノで!

それも、秋色の紅鮭で!!

 

新物も入荷して、今、昭和食品の店頭は、紅鮭だらけです。

運動会やハイキングに持っていくおにぎりの具に、一切れから売っています。

築地で買い物をされるなら、玉子焼きと紅鮭は最強のタッグと言えそうです。

 

人気の順は…

No.1 超辛口紅鮭←意外と思われるかもしれませんが、これじゃなきゃダメという方、多いです。

No.2 中辛口紅鮭←おにぎりの定番は、これでしょう。

No.3 甘口の紅鮭←お子ちゃま・塩分控えめの祖父母様には、こちらかな?

 

ところで、皆さん、鮭、焼きすぎていませんか?

グリルに任せっぱなしだと、基本設定9分も焼いて、カッチカチになっちゃいます。

3分くらいで一回、覗いてみてね。

予熱で火を通すことを考えれば、十分かもしれません。

 

 

 

お買い物は、こちらで、どうぞ!

 

JUGEMテーマ:お弁当写真

時鮭に、キノコに、バターだよ!

  • 2016.09.17 Saturday
  • 08:41

鮭屋なので、今日はうちの看板商品を昼飯にという大女将のひと声です。

 

でた〜!! 北海道産天然時鮭・・・。

 

でた〜!! アルミホイル・・・。

 

不肖しゃけこ、魚河岸料理隊員として受けて立ちます!!

昭和食品名物、絶品「時鮭の秋のホイル包み焼き」

料理スタートのゴングが鳴ります。

ゴンゴンゴン!!

 

玉ねぎをシャキシャキと薄切りに敷き詰め、

本日のきのこ3種は椎茸・舞茸・シメジでございます。

合わせてクルッとホイルに包み、さあ、点火。

プツプツプツ

ジュジュジュ

ジョワジョワジュワ

 

あっあっあっ・・・・

 

あふれる出す湯気に、

さあ、フィニッシュの時が参りました。

角切りバターを、てっぺんに盛ります。

見る間に溶けゆく黄金色。

トロトロトロ〜〜

ああっ!!食欲をそそる香ばしさよ。

 

秋ですね〜。

 


 

JUGEMテーマ:お弁当写真

サバ、燃える!?

  • 2016.09.15 Thursday
  • 13:52

鮭屋ですけど・・・

サバ、売ってます。

「秋サバは嫁に食わすな」

 って、昔の諺。

嫁さん、ど〜ぞ、食ってください。

「嫁、肥える秋」

旨いもん食って、太るの、いいじゃないですか!

今日のお買い物

雨の日に売るカマス、きれい

  • 2016.09.13 Tuesday
  • 12:00

カマス、鳥取から。

さっと焼いて食べよう。

「良心的な値段だね」と、言って足早に、市場を行く人たち。

今日のお買い物

 

天然ブリかま、塩焼きにする? 照り焼きにする?

  • 2016.09.10 Saturday
  • 11:22

JUGEMテーマ:今日のお買い物

しゃけ屋ですけど・・・

 

ブリが豊漁だよ!

・・・というわけで、今日はブリかま1キロ600円。

6〜7カマ、真空にパックされてギュッとね。

天然だよっ、国産(青森)だよっ!!

美味しいよっ!!

 

照り焼きにする? 塩焼きにする?

 

秋色紅色 ! シャケッと混ぜ混ぜ ! 鮭おにぎりだよ !

  • 2016.09.08 Thursday
  • 09:52

J

秋だから、紅葉色に惹かれます。

鮭も、真っ赤に色づいたわけじゃなくて、もとからこういう色の紅鮭・・・。

塩漬けされて、さらに鮮やかな超辛口紅鮭です。

 

こんがり焼いて。

あらら!塩がジュクジュクと噴き出してきて・・・

えっ〜!マジすかこの状況は!?

 

焼けたら、手で細かくほぐし、皮も細切りに。

ご飯は酢飯でも白飯でもok。

サクッサクッと混ぜて、握って、美味しいよ〜。

 

UGEMテーマ:お弁当写真

 


 

「魚離れ、いま流通の挑戦」というテーマで

  • 2016.09.04 Sunday
  • 13:20

日本政策金融公庫から連絡があり、取材をと。

お話しできたのは、政策や金融というわけではなく、身の回りのこと。
ですが、水産流通の一端に身を置く自分ができることは、より良い魚を探し、良さを伝え続ける事だと、改めて実感しました。

小さな魚屋ができることを、全力で取り組んでまいります。